いろとりどりのセカイ

――主人公、鹿野上悠馬(かのうえゆうま)は魔法使い。

≪自らの生きた時間(思い出)を代償に、他者のいかなる負傷をも治療してしまえる力≫を持っている。
舞台は最果ての港町、風津ヶ浜(かざつがはま)に建つ少し不思議な学生寮、嵐山(あらしやま)荘。
その地下室は繋がりを持っていた。
色鮮やかな異セカイとの繋がりを――

少年はそんな些細(ささやか)な不思議に包まれながらも、当たり前の日々をまるで夢見るように緩やかに、過ごしていた。
「不思議な力を与えてくれる魔法使いの少女。彼女と共に夢の在り処と失ってしまったものの行方を探り」。
「ちょっとだけ素直じゃない幼馴染に、出不精な生活を世話されて」。
「学生寮の二階に住むグウタラなお姉さんと、不思議な世界を旅して回る……」。

そんな変わり栄えのしない時間を過ごしていた、ある日のこと。
満月が丸々とオレンジ色に煌く、夜のこと。
……空からひとりの少女が降ってきた。

「お願いします、魔法使いさん。どうか私を助けてください」

――そうして動き出す、ぼくらの時間。

吹き抜ける海風が頬を撫で……空からまっしろな羽根が降ってくる。

手と手を繋いで見上げた空に、ぼくらはまた恋することを、誓った──

▼─世界は終わり、ぼくは新しい夢を見る。
「二階堂真紅」を中心とした、いちゃラブ&ハートフルなアフターストーリーを全ヒロイン分収録!
いろとりどりのヒカリ 』はこちら──


いろとりどりのセカイサンプル画像1枚目いろとりどりのセカイサンプル画像2枚目いろとりどりのセカイサンプル画像3枚目いろとりどりのセカイサンプル画像4枚目いろとりどりのセカイサンプル画像5枚目
2017-03-31 | Posted in 美少女ゲーム

関連美少女ゲーム