ぱふぱふ銭湯物語! 〜町のお風呂屋さん、繁盛の秘訣はHなマッサージ〜

下町に住む貧乏な主人公は、四畳半アパート暮らしで女っ気ゼロ。
近くに残っている美人未亡人が経営する銭湯だけが唯一の楽しみだった。

この銭湯がいまだに残っているのは、経営する未亡人が下町では有名な美人だったからだ。
年配の男性客ファンも多いが、歳上好きの若い男性の間でもちょいちょい噂になっているらしく、男性客は微増である。
とはいえしょせん銭湯経営。 その程度で経営が持ち直すはずもなく、赤字続きで今や倒産間近……。

ところで美人でグラマーとくれば、主人公も当然下心があるわけだが、
そんなそぶりは微塵も見せず、男手のない未亡人のため銭湯の力仕事などをしてあげていた。

この日も力仕事を手伝ってお茶をもらっている時だった。

「いつもありがとう、肩でも揉んであげましょうね。」

未亡人は主人公の肩を揉みほぐしながら、経営が赤字続きなのでそろそろ店じまいすると告げる。
まだ娘が学生なのでもう少し頑張りたいが、もうだめだと諦めているようだった。
神妙な面持ちで聞いている主人公であったが、なんとかならないのかと考えているうち、
奥さんの肩もみがあまりにも気持ちよかったので、“マッサージサービス”を取り入れることを提案する。

美人の未亡人がマッサージとくれば当然噂にはなるが、きっとそれだけでは物足りない。
しかし、ここで主人公の下衆脳細胞がフル回転しだす。
まだまだお金のかかる娘を養うためにも、ここは母親としてひと肌脱ぐはず!

こうして、主人公の悪質な経営建て直し作戦が始まるのだった。

▼もっとみる



[ゲーム詳細]
2017-06-11 | Posted in 美少女ゲーム

関連美少女ゲーム