ふるえ、ゆらゆらと 上弦の章

今は昔、安倍晴明という翁がおりました。
その者、愛されるべき娘を守るため罪を重ねるのです――

人と触れた瞬間、肌に痛みを感じる不思議な体質を持つ孤独な少女がおりました。
彼女は夏休みを数日後に控えたある晩、平安時代へと時間移動してしまうのです。

帝がおわす都。
雅な世界と死の世界が折り重なる場所。
都を彷徨う少女を拾うは柔らかな金色の髪をした少年でした。
少年は言うのです。
――次の満月の夜、元の場所に還す、と。
少女は返します。
――わかりました、と。

他人事のような響きに少年は眉を顰めます。
しかし、少女にとって少年の言うことが真実であろうと、気休めであろうとどちらでも良かったのです。
元の時代に自分のことを案じる者は唯のひとりも存在しない、と思っているのですから。

少年は少女の虚無的な性格に気付き命じました。
――「生きる屍」から「生きる者」に変われ、と。

しかし、その変化こそが不幸の始まりでした。
少女の抱く想いが愛する者を歪め、
男たちの胸を狂気で満たしていくことになるのです。

少女は大切な者を守るため、帰らなければなりません。
今生の別れとわかっていても。

――全ては、愛する者を守るために。

▼もっとみる


ふるえ、ゆらゆらと 上弦の章サンプル画像1枚目ふるえ、ゆらゆらと 上弦の章サンプル画像2枚目ふるえ、ゆらゆらと 上弦の章サンプル画像3枚目ふるえ、ゆらゆらと 上弦の章サンプル画像4枚目ふるえ、ゆらゆらと 上弦の章サンプル画像5枚目
2017-05-26 | Posted in 美少女ゲーム

関連美少女ゲーム