ぼくはこうしてオタサーの姫になりました

春――。
『彼』、浅井光は覚悟していた。オタサークルに入る事を。

その頃、アニ研は行き詰っていた。
エロアニメのヒロイン役声優をゲット出来ない事を。

新入生の浅井光は、大学入学を期にオタ系サークルへ入ろうと、アニ研を見学する。
そこに居たのは、ロンゲのワタナベ、でっぷり体型のクボカワ、怪しさ満点のナカタ、いかにもな会員三人だった。

光が入会をためらっていると、
「我輩達、ちょっと席外すから待ってて」
不意に三人、揃って部室から出て行ってしまう。

残された光は、好奇心から部室を見回し……
コスプレ衣装を見つける。
「着れるかな……」
と、そこへ戻ってくる三人!

「ふっふっふっ。全部見せてもらったよ」
「その服きっ、着てみてもいーよ」
「コレ女物ですよ!?」

イヤがる光を、先輩は無理やり裸にさせ……!
「お前オトコだったのか!?」

ようやく光が男だと気付くも、
「こんなに可愛い娘が、女の子のワケ無いじゃないか!」
なんと三人がかりで押し倒してしまった!

……そして、
「頼む! ヒロインの声優やってくれ!」
「いやです! ボク男なのに」
「でも光タン、声優オタなクセに」
(待てよ、このアニメの内容マネれば、最後は姫になって先輩達へやり返せる!)

「……分かりました」
「っしゃぁッ! 肉便器ゲットぉッ!」

なりゆきで声優を引き受けた光を、先輩達は『演技指導』の名目で犯しまくり!
はたしてアニメは完成するのか?
光は(オトコなのに)オタサーの姫になれるのか?

▼もっとみる


ぼくはこうしてオタサーの姫になりましたサンプル画像1枚目ぼくはこうしてオタサーの姫になりましたサンプル画像2枚目ぼくはこうしてオタサーの姫になりましたサンプル画像3枚目ぼくはこうしてオタサーの姫になりましたサンプル画像4枚目ぼくはこうしてオタサーの姫になりましたサンプル画像5枚目
2017-03-24 | Posted in 美少女ゲーム

関連美少女ゲーム