もののあはれは彩の頃。

青年・東雲暁は、目覚めると紅葉の舞う河原に立っていた。
なぜここにいるのか、どう進むべきなのか、なにも覚えていないままで。
ただわかるのは、目の前にサイコロが浮いているという状況だけ。

「さあ、賽を振りなよ」

まず、そうしないことには始まらない──
謎の女・クナドにそう促され、彼は与えられた賽を振る。

「──ここは」

すると、彼が目にしていた景色はガラリと変わった。
風流な自然もどこへやら、彼が立っていたのは京の歓楽街・秋の祇園──

「四条通……」

思わず口をついてしまうほど、どこか郷愁を覚えるその景観。
ただし普段は賑わい豊かなこの繁華街も、今は嘘のように静まり返っている。

「五マス目──残念ながら、一回休み」

天より響くクナドの声。
彼は、ようやくこの世界の理を知る。

「双六だ」

賽を振ると、マス目を進むことができる。
賽を振ると、あがりを目指すことができる。
そして、同様に覇を競う相手もいるということに。

「あんたは敵だ。あまり馴れ馴れしくするな」

制服に身を包んだ少女、野々宮京楓は冷酷に暁を敵とみなした。
彼女だけではない。双六ならば、勝者となるのは一人だけ。

「勝ってみせる。俺よりラッキーな奴はいない」

己こそが天に祝福されし運命の持ち主であると、信じて疑わないのが彼の誇り。
青年は持ち前の幸運を武器に、あがりを目指して賽を振る。

▼もっとみる


もののあはれは彩の頃。サンプル画像1枚目もののあはれは彩の頃。サンプル画像2枚目もののあはれは彩の頃。サンプル画像3枚目もののあはれは彩の頃。サンプル画像4枚目もののあはれは彩の頃。サンプル画像5枚目
2017-09-29 | Posted in 美少女ゲーム

関連美少女ゲーム