コンプリーツセットVI

「ツマ×ヘヴン」と「アネ×ヘヴン」の2タイトルをまとめたお得なセットが
対応OSとシステムのリニューアルとなって登場!!!

【ここが変わりました!】

・ゲームの動作が高速に!
・メッセージ表示、スキップ、オートクリックの速度がきめ細かく設定可能!
・メッセージスキップやオートが、ワンクリックで実行可能!
・インターフェイスがグラフィカルで使いやすく!

【収録作品】

◆◇ツマ×ヘヴン◇◆

人妻一杯夢一杯、エッチも一杯なドタバタ妻コメディ!
主人公・三国雄二は残念ながら浪人生。
春よ再び! と決意も新たに、勉強に励もうと思っていた矢先。
……実家を追い出されることになった。
両親が海外に移住するとかなんとかで、今住んでいる家を売り払ってしまったのだ。
俺どうすんの!? と困惑する雄二だったが、救いの手は差し伸べられた。
その人こそ、雄二の兄・雄一だった。
弟を溺愛する兄だけに、こんな時に動かないわけはないのだが、雄二としては素直に喜べない。
なぜなら、兄は新婚。
その家庭にお邪魔虫ってのは気が引ける。
とはいえ、学費以外は出さないと豪語する両親の説得も不発に終わり、及び腰ながら兄の家へ。
そこで待っていたのは、ひそかに憧れていたりする兄の妻、・真奈美。
男子校で過ごしたせいか女性を前にすると緊張してしまう雄二。
しかし、当の真奈美は嫌がるどころか大歓迎。
……っていうか、この人もしかして、誘ってる?
おまけに、挨拶に行った隣家で出会った奥様・由香里はなんだかエロさがあふれる女性だし、
やたらに御用聞きのおっさんが尋ねてくるし……。
生活環境が変わっただけでも大変なのに、
なぜか性活? 環境まで変わってしまう予感!

◆◇アネ×ヘヴン◇◆

智頭昭文の朝は姉の唇から始まる。
目を覚ますと大抵それが自分の唇数センチのところにあって、
それを寸でのところでかわすのが、起床して最初の運動となっていた。
枕を盾にする昭文を見て、ニッコリと微笑みながら舌打ちをする2歳年上の姉・朱音。
整った顔立ちと綺麗な黒髪をサラリと流すその姿は、和風美人という言葉そのものといった風情で、
一見すると楚々とした振る舞いからご近所でも評判の美人なのだが、彼氏はいない。
なぜなら…… 朱音は弟を溺愛しているのだ。
「もう、出てってよ」 と姉の背中を押し、強引に部屋から排除した昭文が大きな溜息をつく……。
そして、ちょうど同じ頃。
布団から飛び出してきた足に首を絡め取られ、もがく男子が一人―― 粟倉浩次。
母に姉の起床を命じられ、姉のベットの横で声をかけた結果がコレだ。
意味不明に寝ぼけた声を上げながら、浩次の首を太ももで締め上げる姉の美弥子。
消えゆく意識をかろうじて繋ぎ止めた浩次が、ようやく起床し背伸びをする姉を見上げ呆れる。
それもそのはず、美弥子はパジャマを着ておらず、小ぶりだが形の良い乳房が朝の陽光の中できらりと輝いていた。
目が合った姉に 「エロガキ!」 と不条理に一蹴され、犬のように姉の部屋から逃げ出す浩次。
……しかしその股間はといえば、大きく膨らんでいたのだった。
………そんな対照的な姉弟。
形は違えど、それはよくある仲のいい姉弟の姿とも言えた、しかし……
「めんどくさいだけだと思うけどねぇ、男兄弟って。色々面倒みるのも大変じゃん。」
「もう、朝から晩まで…… こっちの身体が持たないよ。」
共通の友人、2人の弟を持つ大原麻耶が発した言葉によって状況が変化する。
「えっと、身体が持たないって……どうゆうこと……?」
「あのさ、それって……もしかして……」
「そ、そんなの…… 決まってるじゃん? 男と女だよ?」
その時、麻耶は気が付くべきだった。
冗談のつもりで放ったその言葉に、自身の両側に座る姉ふたりが深刻な表情で考え込んでいたことを……。

▼もっとみる


コンプリーツセットVIサンプル画像1枚目コンプリーツセットVIサンプル画像2枚目コンプリーツセットVIサンプル画像3枚目コンプリーツセットVIサンプル画像4枚目コンプリーツセットVIサンプル画像5枚目
2017-03-24 | Posted in 美少女ゲーム

関連美少女ゲーム