ボクの祖母 〜おばあちゃん、濡れてるよ?〜

長年連れ添った夫がこの世を去ったのは少し前のこと。
既に初七日も過ぎ、まだ悲しみに触れていた。
夫の死から心の整理は出来たつもりだったけど、
この身体に残っている衝動が時折身体を震えさせてしまう。

「ふうううっ……はっ、はああああっ…………」

自分を慰めても、夫から与えられていた刺激から来る絶頂感からは
やはり遠く解消しきれない衝動が残っていた。

だけどその時、ドアの方から音が聞こえ、
反射的に服から手を抜き取ってからそちらを向く。

「浩次郎、いつから、そこにいたのかしら?」

「さっき。おばあちゃんの声が聞こえたから、いるのかなあって思って」

浩次郎は何かもじもじとしている。
だけど、その恥じらうような仕草と紅潮した顔、
何より股間に手を当てていることで、
私は自分の孫に何が起こっているか、わかってしまった。
そして、私はそれを見て…………。

「大丈夫よ、私がなんとかしてあげるから、こっちへきなさい」

▼もっとみる


ボクの祖母 〜おばあちゃん、濡れてるよ?〜サンプル画像1枚目ボクの祖母 〜おばあちゃん、濡れてるよ?〜サンプル画像2枚目ボクの祖母 〜おばあちゃん、濡れてるよ?〜サンプル画像3枚目ボクの祖母 〜おばあちゃん、濡れてるよ?〜サンプル画像4枚目ボクの祖母 〜おばあちゃん、濡れてるよ?〜サンプル画像5枚目
2017-09-01 | Posted in 美少女ゲーム

関連美少女ゲーム