世界と世界の真ん中で

締め付ける苦しさ、凍えるような寂しさ、身を焦がすような片思い──
時間の経過とともに失われる想いもあれば、その命が尽きるまで解き放たれない想いもある。
ただ1つ言えることは、そんな激しい感情の数々が、世界を作っているのだということ。

その日、鍵ノ森学舎の学院寮のひとつである『エルデシュ』は、いつも以上の大騒ぎに見舞われていた。
近江連理の妹である小々路の退院を明日に控え、

「新人さんを気持ちよく迎えよう!」

という月館美紀の提案で大掃除が始まってしまったからだ。
無口で人づきあいの苦手な白取愛良。
油断すると自分の世界に没入する数学者、朱音遥。
思慮深く見えて実は結構なお調子者、弐相中。
そんな『エルデシュ』のメンバーを指揮して、
寮内をくまなく掃除していく連理。
と、あらかた掃除も片付いた目に留まったのは、屋根裏部屋へと続く梯子だった。

──梯子を軋ませ上った屋根裏部屋で見つけた手記。
そこに記されていた言葉が、連理の平穏な日常を変えていくことを、連理はまだ知らない────

特集: Lump of Sugar特集


世界と世界の真ん中でサンプル画像1枚目世界と世界の真ん中でサンプル画像2枚目世界と世界の真ん中でサンプル画像3枚目世界と世界の真ん中でサンプル画像4枚目世界と世界の真ん中でサンプル画像5枚目
2015-10-02 | Posted in 美少女ゲーム

関連美少女ゲーム