夏の色のノスタルジア

昏睡から覚めると、主人公・折口諒人は、世界が色づいて見えた。

居候していた伯母の家の都合で、諒人と妹の美羽は3年ぶりに生まれ故郷の「灰土町」に戻ってきた。
そして5月という半端な時期に、「ひまわり学園」へと転入することになる。

「わぁ──なにこれ」

季節は5月。
まだ早いにも関わらず、学園の通称の元になったひまわり畑には、
大輪のひまわりが咲き乱れていた。

「ねぇ──知ってる?」

「季節はずれのひまわりは、生徒たちに幸運をもたらすんだって」

だが教室は望外の幸運に沸き立つでもなく、静かなものだった。
諒人は、彼らにどんな色も認めることができなかった。

かつて仲良しだった女の子たちとの、3年ぶりの再会。
人里離れた学園を舞台に、友人たちとの穏やかな時間が流れていく。
こんな生活がいつまでも続くものと、誰もが思っていた。
そう……永遠に。

3年前の夏、仲良しのグループはバラバラに砕けてしまった。
その砕けたカケラの一つ一つを拾い集めたとき──
壊れた少女たちが胸に抱く闇、そして愛に、諒人は触れることになる。


夏の色のノスタルジアサンプル画像1枚目夏の色のノスタルジアサンプル画像2枚目夏の色のノスタルジアサンプル画像3枚目夏の色のノスタルジアサンプル画像4枚目夏の色のノスタルジアサンプル画像5枚目
2015-10-14 | Posted in 美少女ゲーム

関連美少女ゲーム