天気雨

晴れやかな夏休み――。

祖父が体調を崩したとの報告を受けた。
俺は若干のめんどくささを感じながらも、忙しい両親に代わり、一人息子である自分が、
爺さんを手伝うため、祖父母の家に泊まりに来ていた。

幸いにも祖父の容態は大したことはなく、ひさしぶりに再会した祖母とゆっくりした時間を過ごしていた。
そんな中、ここの自然はもう少しでなくなるのだと婆さんは言う。
この場所の後継ぎがいなくなると、
都市開発のため取り壊されてしまうそうだ。
その時は「まぁ、それも時代の流れか」そう思っていた――。

揺れる風鈴の音をたよりに縁側へと赴くとそこは、静かで緑が気持ちの良い場所だった。
夏にもかかわらず風は涼しく澄んでいて、耳を澄ませば葉がすれる心地のいい音。

「風が……心地いいですよね」

気づけば隣にはやわらかな日差しに包まれた小さな女の子の姿。
そしてなびかせる綺麗な髪は、立派に山を作り、耳を作っていた――。

俺は……目の前でほほ笑む少女とその自然の囁きに、いつのまにか魅了されていた。

無邪気で好奇心旺盛な白狐と世話焼きでおとなしい狐。

こうして俺たちの小さな恋物語は始まった。


天気雨サンプル画像1枚目天気雨サンプル画像2枚目天気雨サンプル画像3枚目天気雨サンプル画像4枚目天気雨サンプル画像5枚目
2015-10-23 | Posted in 美少女ゲーム

関連美少女ゲーム