水夏弐律

「はぁ……はぁ……」

木陰の上から、セミの声が漏れだしている。
出来るだけ人に見つからないように、くたびれた音を出す自転車をこいできた。
三十分くらいして辿り着いたのは古くさい神社の参道。
馬鹿みたいに長い石段の前にある、色あせた鳥居の前だった。

──この先に踏み込めば、もう後戻りはできない。

のしかかるような太陽光線と鬱陶しいくらい緑色の葉っぱが、梅雨特有のむわっとした匂いを押しつけてきた。

いつまでもここに立ち止まっているわけにはいかない。
コイツを埋めるところを人に見られでもしたら大変だ。
万が一そんなことになったら、俺は破滅といっていいだろう。
それにこの気温だ。コイツだってすぐに腐ってしまう。
タンパク質の塊──つまりは死体なのだから。

昨日の晩のことを思い出し、くらくらとする。
じりじりと五月蠅い蝉の声と喉元を伝って来た汗に、俺は現実に引き戻される。
昨日の出来事は…夢ではないのだ。
俺はごくりとツバを飲み込み、石段を登り始めた。


水夏弐律サンプル画像1枚目水夏弐律サンプル画像2枚目水夏弐律サンプル画像3枚目水夏弐律サンプル画像4枚目水夏弐律サンプル画像5枚目
2017-04-25 | Posted in 美少女ゲーム

関連美少女ゲーム