祖母と僕 〜おばあちゃん、なにかでちゃうよぉ〜

「…………ん…………ん…………」

夜、まだ暗いのにいきなり目が醒めてしまう。
それは身体に強い違和感を感じたからだというのは、すぐに理解した。
これは自分の身体を触られている感触だと。それも、直接、私の胸に。
そして、思い出す。今日は翔太が隣で寝ていたのを。

「あら、どうしたの?」
「あ、えっと……目の前でこんな大きなおっぱい、あったから、つい……」
「ふふっ、もしかしてまだまだおっぱい欲しい甘えん坊さんなのかしら?」

その時、ふと私が動かしてしまった足が翔太の身体に当たり、
固いものの感触が伝わってくる。

「な、なんかすごくうずうずするのが強くなってきてっ……はあっ……」

私の胸を揉んで、股間を固くしちゃってるなんて……。
この子は私のことを『お婆ちゃん』ではなく、
『女』として感じてくれているってことなの?
そして、男性として興奮して……。

――それから、半ば無意識に私の手は翔太の股間にと向かい、
その固くなっている部分をパジャマの上から撫で回してしまっていた。

▼もっとみる


祖母と僕 〜おばあちゃん、なにかでちゃうよぉ〜サンプル画像1枚目祖母と僕 〜おばあちゃん、なにかでちゃうよぉ〜サンプル画像2枚目祖母と僕 〜おばあちゃん、なにかでちゃうよぉ〜サンプル画像3枚目祖母と僕 〜おばあちゃん、なにかでちゃうよぉ〜サンプル画像4枚目祖母と僕 〜おばあちゃん、なにかでちゃうよぉ〜サンプル画像5枚目
2017-03-10 | Posted in 美少女ゲーム

関連美少女ゲーム