鬼と花妻 〜花盗人は、躑躅か椿か〜

むかしむかしあるところに
「鬼のお手つき」と呼ばれるお姫様がおりました―

時は平安。京の都の暗闇は魑魅魍魎が跋扈していた。

主人公は名門貴族の十番目の息女。
血筋も家柄も申し分ないというのに妻問う者は現れない。
それは主人公が「鬼のお手つき」だから

九年前、庭で遊んでいた主人公は突如姿を消し、数日後、記憶を失って帰ってきた。
「神隠し」は鬼の仕業とされ、いつしか主人公は「鬼のお手つき」と噂される。
そんな主人公に求婚する者はなく、屋敷の奥深く時が過ぎるのを待つだけの日々。

「誰か私を……、ここから連れ出してくれればいいのに……」

思わず漏れた独り言は、誰の耳にも届かなかった……
そう思っていた、あの美しい鬼に会うまでは

▼もっとみる


鬼と花妻 〜花盗人は、躑躅か椿か〜サンプル画像1枚目鬼と花妻 〜花盗人は、躑躅か椿か〜サンプル画像2枚目鬼と花妻 〜花盗人は、躑躅か椿か〜サンプル画像3枚目鬼と花妻 〜花盗人は、躑躅か椿か〜サンプル画像4枚目鬼と花妻 〜花盗人は、躑躅か椿か〜サンプル画像5枚目
2017-07-28 | Posted in 美少女ゲーム

関連美少女ゲーム